FC2ブログ

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病院

 16, 2014 21:20
大きな病気もなく
大きな怪我もなく
病院とは無縁の生活を送っていた少年でしたが
20前後に2度手術しました。
いずれも日帰りですけどね。
そのとき、
目覚めてしまいました。
看護婦さん(当時ですからそう呼びます)の
白衣に透けて見える下着を
目を凝らして透視しようとすることに。
当時は今のように
下着が透けたりパンティラインが浮き出ることに
それほど気にしないというか
仕方ないものというか・・・
そんな感じで、
私のようなエロ青年の視線を
知ってか知らずか、
派手な色やデザインで
私の目を楽しませてくれました。
まだT バックが市民権を得る前ですので
今からしたらそれでも地味だったかもしれませんが・・・

それ以来、
病院は嫌いなんだけど
行かなきゃいけない状況になったら
看護婦の下着鑑賞だ!!
と言い聞かせながらいきました・・

最近は、アウターに響かない下着が増えたのと
白ではなくピンクや水色などの色つきで
しかも生地が透けにくい白衣?!
が多く、そんな楽しみも失せました。
さびしい・・・・

それでも、時々
白衣の下に白のガーターにストッキングで
入院中の私に夜這いをかけるナースの妄想をしてしまいます・・


さて、ホテルでのラストシーンは・・・
彼女が去った後しばらくボーっとしていた。

「お客様・・・お替りを持ちしましょうか」
そう声かけられてはっとわれに返る。
「おなじものを・・」
搾り出すような声で答えてから
ほぉーーっと大きく息をついた。

彼女の唇の感触がよみがえる
誘うように触れていた手の感触に
思わず下半身がきゅっとなる。

「きてくれるだろうか・・・」
時計を見ると12時少し前。
くるとしたらそんな遅い時間はないだろう・・・
そう思ったら急にいてもたってもいられなくなる。
一気にウィスキーを飲み干すと、
足早にバーを後にした。

部屋に戻って靴も脱がずにベッドに体を投げ出す。
エレベーターから始まった
彼女とのシーンを一つ一つたどりながら
ただひたすら待った。

やがて、頭の中は
彼女が部屋に入ってきたら・・・どんな風に犯そうか・・・・
そんな妄想が支配しはじめた。

「ピンポン」と部屋のベルが鳴る。
ドアを開けると
ちょっと恥ずかしげに、でもいたずらっぽい笑顔を見せながら
彼女が立っている。
「どうぞ・・」
そういって彼女が中に一歩踏み込むと同時に
すばやく腕を取り抱きすくめる。
激しく唇を求めながら
両手はもどかしげにスカートをたくし上げる
「あ・・・いや・・・ちょ・・・ちょっと、まって・・」
おそらくそういっているのだろうが
激しいキスに唇の自由が奪われて
「ん・・・むうん・・むむ・・・」としか聞こえない。
それをいいことに
彼女のスカートの下の
ふくよかなヒップに容赦なく手をやる。
「??」
そこにはあるはずの下着がない。
その事実を手で確かめたとき
私の中でかすかに残っていた
「やさしく抱きしめなきゃ・・・」というリミッターが
ぱちんと音を立てて外れた。
息苦しいほどにむさぼっていた唇を離すと
いやおうなしに後ろを向かせる。
壁に手を突かせてスカートを捲り上げると
彼女はもう抵抗をしなかった。
それどころか
足を広げて私を迎え入れる準備をする。
もどかしげに服を脱ぎ
放り投げるやいなや
細くくびれた腰に手を当てる。
「うっ・・」
二人同時に声があがる。
やわらかい肉ひだは
十分すぎるくらい潤い
年甲斐もなくいきり立ってしまった私のペニスを
うれしそうに迎え入れる。
ドアのそばで
廊下に誰が通るかもわからない・・・そんなシチュエーションで
さっき出会ったばかりの人妻を
背後からいやおうなしに犯している・・・
そう思うだけで脳がしびれ
まるで10台の少年のように激しく腰を使ってしまう。

「う・・い・・・いいい」どちらともなくうめくような声が漏れる
細い腰とは対照的に肉付きのよいヒップは
エレベーターで見たとき以上に
セクシーで私を酔わせてしまう。

私の動きは衰えることなく
彼女はもはや我慢もせず大きな声であえぐ。
「あ・・・すごい・・・あなたの・・大きい、大きくて強い・・」
すでに子宮は十分に降りてきて
私のペニスの先にごつごつと当たっている。
「あ・・ああ・・・だめだめ・・いっちゃう・・・」
おそらくは廊下にまで響いているであろう声を上げて
彼女が一瞬
ピンと突っ張った・・
爪先立ちでのけぞるようにしたかと思うと
がくがくと崩れへたり込む。
するりと抜けてしまったペニスは
彼女の愛液にまみれ
ほの暗い室内灯にぬらぬらと輝きながら
もっともっと彼女を陵辱したいとそそり立っている・・・

・・・・

「ピンポン」

妄想にふけっていた私は現実に引き戻された
「はい」そういって開けたドアの前に
彼女が立っていた。

(終)

(終)
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

COMMENT - 4

えろぱぱ  2014, 06. 17 [Tue] 21:14

Re: north fieldさん

セクシーなテンプレートって少ないから
いくつかキープしています。
時々気分を変えて・・・

新しいテンプレほしいなあ・・・

Edit | Reply | 

えろぱぱ  2014, 06. 17 [Tue] 21:12

Re: 影依さん

ナースは派手好き??
日ごろ過酷な労働を強いられているし
仕事柄ネイルとかもできないし・・
せめて下着だけでも・・・
って、そういうわけでもないでしょうが・・
なんにせよ、透けない制服は嫌いだ(笑)

妄想どおりに犯したのか
それとも・・・・
答えはあなたの頭の中にありますよ。

Edit | Reply | 

north field  2014, 06. 17 [Tue] 00:42

お話も興味あるけれど、リニューアルしてる…

ハートがたくさん (#^_^#)

とっても、可愛い

Edit | Reply | 

影依  2014, 06. 16 [Mon] 22:09

ナースって・・・
結構、派手な下着を着けてる人って多いですよね?(^_^;)

ラストシーン・・・
妄想に耽ってる時に、彼女登場…
脳に残る残像が、彼女をみた瞬間に
弾け散ったのでは?(*′艸`)

ソレが、スタートの合図かも… (*^^*)

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。