FC2ブログ

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏だよ。

 26, 2009 01:32
泳ぎに行きたい。
間違った。
水浴び行きたい。

ビーチやプールサイドは好きだな。
寝そべってサングラス越しに水着の鑑賞。
暑くなったら水浴びしてまた寝そべる。
そうやってひなが過ごす。

ぱぱ今年水着新調したよ。
もちろんビキニ。
まだ未使用。
この夏プールや湖で
ぱぱのセクシービキニがみれるよ(笑)

さて続き
声を聞いてほっとした・・・ぱぱの声だ・・
でも、目隠しされ身動きができないし声も出せない。
「シミが広がってきたぞ」
身動きできない目も見えない。
その不安と恥ずかしい姿をさらけ出しているという思いが
なぜか子宮をきゅんとさせる。

ひやっとした感覚に「??」
「うう」
ぱぱがバイブを押し当ててきた。
はじめは腰をくねらせて抵抗してみたものの
すでに濡れそぼったあそこは
にゅるんとバイブを飲み込んでしまう。
「何だ・・・こんなぶっといバイブが奥まで飲み込まれたぞ」
言葉でいじめられながら
感じてしまう。
「うううう」
ぱぱがバイブのスイッチを入れた。
その刺激に腰が動いてしまう。
「なんだ・・・きもちいいのか・・」
そういうとぱぱは
大きくバイブを出入りさせる。
押し寄せる波のような快感に
体が次第にのけぞり
赤みを帯びた顔の額に
血管が浮かび上がる。

「う~~う、う、う、う~~」
一段と強くのけぞったかと思うと
ぐったり倒れる。
一度果ててしまったあとは
しばらく思考機能が失われる。

ゆっくりバイブを抜くとぱぱは
「まだまだ満足しないだろう」
そういってゆっくり胸をもみし抱く。
胸をもみ足を撫で、おまんこをまさぐり
・・・?????
おかしい。
なぜそんなに一度にいろんなところを・・・
とまどう彼女の体の上を
何本もの手がうごめく。

「い・・・いやあ・・・・」
頭の中で叫ぶ。
ぱぱ意外にたくさんの手が・・・
その手の一つが
指を中に入れてきた。
ぐちょぐちょ
音がする。

びしょびしょになっているおまんこを確認した指はすぐ抜かれ
いきなりおちんちんが入ってきた。
「ひーーー」
うめきながらも快感が脳を突き抜ける。
「ぱぱ?それとも??」
そんな思考も激しいピストン運動に消し飛んでしまう。
いきなり口が解放される
「うは・・・」
声を出そうとした瞬間に太いモノが差し込まれる。
???二本のおちんちんに犯されながらも
腰は動きそして舌も・・・
もう誰のモノでもかまわない・・・
嫌らしく舌をからめてしゃぶりあげる。
乳首に何か当たっている。
どくどくと波打つ別のおちんちんが
2つの乳首にそれぞれ押し当てられている。

4本のおちんちんが彼女をいたぶる
そのはずかしさといやらしさに
気も狂わんばかりになってしまう。
「ほら・・ぱぱのうえに乗りなさい」
ほっとする声のする方にすり寄りぱぱに抱きつく。
おまんこのおちんちんも口の中のおちんちんも
置いてきぼりにして。

「いれるよ」
そういうとぱぱのモノがおまんこに入ってきた。
「ああ・・・やっぱりぱぱのがいい・・・」
そういいながら腰をゆっくり埋めていく。
激しくしたから疲れぱぱにしがみつく彼女。
その彼女の背後から
別のおちんちんが侵入してくる
「い、いやあ・・・」
2本のおちんちんに貫かれて痛みとも快感ともつかない強烈な刺激が
彼女を襲う。
のけぞった彼女の顔に手が伸びてきて
口におちんちんがつっこまれる。
3つを同時にくわえ込み、
しばらくは彼女のうめき声と男たちの快感の吐息が続いた。

すべてが終わって
目隠しを外され
拘束から解放されたとき
目の前にはぱぱしかいない。
あれは夢だったのか・・・そんなふわふわした感覚の中で
彼女はぱぱの腕枕に寝入っていった。

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

COMMENT - 3

nina  2009, 08. 02 [Sun] 02:34

激しくされたいけど…
いっても3Pかなぁ…

バックで突かれながらしゃぶりたい。

ていう卑猥な仁菜。

Edit | Reply | 

カンナ  2009, 07. 30 [Thu] 21:31

はじめまして

こんな願望ありますねぇ

でも…やっぱり
ぱぱじゃなきゃイヤ!!
みたいなぁ

Edit | Reply | 

あきひこ  2009, 07. 28 [Tue] 14:13

さぁて

本当のところどうだったんでしょうねー

読んでいてゾクゾクしました
エロイっす(笑)

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。