FC2ブログ

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんというタイミング

 12, 2015 20:26
多くの方が
被害?!にあった突然の凍結。

私のブログも見事に摘発されました(汗)

それも
キリ番キャンペーン?!の真っ最中に。

盛り上がらなかった・・

とはいえ
キリ番を踏んでいただいた方は確実にいるわけですね。

もし差し支えなければ
自己申告お願いいたしますm(__)m
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

久々にキリ番

 03, 2015 23:26
細々と書いているのですが
結構見に来ていただいていて
閲覧者数が
245000人の大台まで
あと200
ペース的にはこの週末にも?!

さて
キリ番ゲットされた方に
プレゼント!!なんて企画も
以前はよくやってましたが
私のあられもない画像は
あまり人気がなく(笑)

女性のブログのキリ番に対して
エロ画像や下着がプレゼントされるのはよくあるが
逆はねえ…

冗談で(半分本気?)
デート1回
とか
ハグしてあげる
とか
書いたこともあったかな。
ま、笑い話で終わるもの。

今回はどうしようかな。
何を提供しても
申請者がないかもな〔涙〕

ともあれ
キリ番ゲットは
なんとなくいいことが起こりそうなかんじで
縁起がよいので
ぜひチャレンジを。
キリ番ゲットしたら
一応誇らしげに報告してね。

あ。
自分で踏まないように気を付けないと…




日常の中の非日常<飲み会①>

 30, 2014 22:38
今日は娘の通う小学校の
PTAの飲み会

ひょうんなことからPTA の役員を引き受けることになり
顔合わせということで恒例の飲み会が催された。

妙にテンションの高い会長や
やたら気を使ってくる校長。
でも男には興味ないから適当に話をあわせておく。

私の視線の先には
清楚な感じのショートカットの女性がいた。
初めての役員会のときから
気になって仕方なかった。

うっすら施された化粧は
自然な美しさを引き立て
少し大きめに開いた胸元の
小さいけれどきらりと光る銀のネックレスが
小麦色の肌を引き立てる

膝丈のスカートからスラリと伸びた脚は
いすに座ると膝頭が見え
そこはかとない色気が漂う。

最近のお母さん方は
化粧も服も
派手で自己主張が強い。
それはそれで華やかで魅力的だ。
そんなお母さん方の中で彼女はあまり目立たない。
けれど私の目には
彼女が強く印象的に映った。

なぜだろう・・・
私の淫靡な感性が
彼女の清楚な中に秘めた
内なる何かに反応したのだろうか・・・

そんなことを思いながら
彼女を見つめ
ビールを飲み干す。

テンションの高い校長が
彼女の横で語り始めた
彼女はやわらかい笑顔を見せながら
時々うなずいている。

迷惑を顧みず話しかける校長に
心の中で舌打ちしながらも
彼女と気安く話せる立場に
軽い嫉妬を覚える。

その嫉妬を振り払うように
私はトイレに立った。

「あ」
トイレから出てきたとき
ドアの向こう側に彼女が立っていた。
突然の出来事にどぎまぎしながらも
私の頭はすばやく判断した
話しかけるチャンスだ・・・
「○○さんですよね」
「ええ。あなたは広報部の△△さんですよね。お世話になります」
にっこり微笑む彼女に
心が溶かされていく
「覚えてくれていたんですね、私の名前。光栄です。
あなたのような素敵な方に覚えてもらえて光栄です」
さすがに照れくさいので少しおどけた調子で言う。
「え・・そんな・・・冗談言わないでください」
思いがけない言葉に焦りを隠せない彼女。
けれど、彼女の表情は
決して拒否したり不快憾を表してはいないと感じた。

席に戻ると
今度は教頭が私に話しかけてきた。
我慢しながらビールをあおった。

1時間ほどたっただろうか。
彼女の横に行きたかったが
教頭の後には
仲良し3人組の女性役員が
私の横に張り付いてはなれない。
お酒も猥談も大好きみたいで
私が同様であることを察知したのか
飲んでも飲んでもついで来る。
下品な下ねたに辟易し始めていたそのとき
彼女がトイレにたつのが見えた。

「ちょっと、トイレ!!」
彼女の後を追うようにして
3人組を置き去りにした。

(つづく)

キリ番

 13, 2014 21:40
きましたねえ・・・230000HIT
始めたころは想像もしていなかった数字。
たくさんの方々に来ていただいて
いろんなコメントをいただいたり
いいね♪を押していただいたり
メッセージをいただいたり
相談をしていただいたり

エロ親父のブログなのにね。

更新は週に1回程度しか無理ですが
気長にこれからも付き合ってくださいね。

リクエストが多ければ
次回235000HITの賞品は
さらにグレードアップします(笑)

まずはお礼まで。

動物行動学

 29, 2014 00:27
自分の行動を正当化するために
科学を引き合いに出すことがある。

女性との性愛に対する欲望を抑えきれない自分、
結婚していても他の女性を愛してしまう自分。
そんな自分を正当化するのに都合のいいのが
動物行動学

まあ、簡単に言えば
「子孫を残す」という動物の本能は
男性にはできるだけ多くの女性に種を植え付けようとし
女性はできるだけ強そうな男性から強い精子をもらい、大切に育てる。
だから男は浮気もするし性風俗もはやる

てな具合だ。

今読んでいる本「官能教育」にかいてあったこと
実際の自然界では
メスが不特定多数のオスと交尾をするのは珍しくない
卵を抱いていても(つまりこれ以上の性交は子孫を残す上では不必要)
交尾をやめないメスもいる

つまり、「楽しむ」ために交尾をしてる。
これこそ自然。

なるほど。
いわれてみれば・・・・

こういうエログも、開設数は男女に差はないし
中身も・・・(汗)

男も女も同じだな。


さて、続きを書く前に
皆さんにお聞きします。

ホテルの廊下で
バーに誘われた奥様。
どういう行動に出たでしょうか。

あなたならどうする?

コメントお待ちしています。

続きは次回のお楽しみ

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。